最先端のテクノロジー

エピックは最先端のテクノロジーでプロジェクト全体のコストを削減し、あらゆるプロジェクトで時間の短縮やリスクの軽減、効率化を実現します。

ドキュメントレビューはディスカバリの中で最もコストのかかる業務であり、関連性のない文書レビューに費やす費用ほど無駄なものはありません。訴訟や当局対応を戦略的に進めるうえで重要なのは、ディスカバリに莫大な費用を投じることではなく、争点に直接関係する重要文書を如何に迅速に特定するかです。ディスカバリとテクノロジーに精通した当社の専門家チームが、各種データフィルタリング、アナリティクス、事案の早期評価(ECA: Early Case Assessment)といった実績のあるデータ精査アプローチを駆使して、データ処理及びレビューを効率的に進めます。 

先進テクノロジーを活用した主な機能: 

Eメール・スレッド分析 
一連のEメールスレッド上において、時系列的に最後に送信されたメールや、その他のユニークな内容を含むメールを特定し、Eメールレビューにおける冗長性を最小限にします。 

近似重複ファイルの特定 
文書内テキストの類似性に基づき文書をグルーピングし、類似文書の差異の特定を容易にすることで、レビューにおける各文書への評価の一貫性を向上させます。 

クラスタリング 
精緻な単語分析により文脈的類似ドキュメントを自動的にグルーピングし、事案の早期評価や一次レビューを促進します。また相手方開示文書の中の重要トピックを迅速に特定し、レビューの焦点を絞ることを可能にします。 

 カテゴライズ 
教師文書に基づき、事前に定義されたカテゴリーに文書を分類します。 

コンセプト検索 
従来のブーリアン検索にとどまらず、単語の組み合わせ分析、シソーラス等を用いて、ドキュメントを検索します。 

機械学習(AI) 
従来の機械学習レビューワークフローから、学習結果がリアルタイム反映される継続的アクティブラーニング(CAL)まで、さまざまなアルゴリズムを駆使し、関連性の高い文書を優先的にレビューすることを可能にし、大幅なコスト削減や効率化、エラー率の低減を図ります。 

thinking