テクノロジー主導型の情報ガバナンス

エピックは、法律の専門家がテクノロジーへの理解を深め、情報ガバナンス戦略の推進に活用できるよう支援します。

当社が提供する主なテクノロジー主導型情報ガバナンスソリューション:

数テラバイトもの不要で・古く・瑣末ななデータ(ROT: Redundant, Obsolete and Trivial data)を蓄積している企業は少なくありません。こうしたデータが訴訟や法規制、またはビジネス上の保存対象でなければ、完全に廃棄することができます。エピックは、法的に正当で説明可能な文書廃棄戦略の実行を支援するためのノウハウやテクノロジーを備えています。

多くのクライアントは、Office 365やGoogle Apps for Workを利用したEメールのクラウド化を進めています。そこで生じる重要な問題が、蓄積したEメールを全てクラウドに移行するか否かと、その移行方法です。エピックは、テクノロジーやデータ移管プロセスの豊富なノウハウを活かし、クライアントが最も効率的な移行プロセスを見極めることができるよう支援します。

データ関連の問題を抱えている法律や記録情報管理(RIM)の専門家は少なくありません。エピックは情報コンテンツの監査・評価を通じて、法的に正当な情報廃棄であることを説明するために必要な量的・質的な詳細情報を提供し、社内のROT破棄の推進を支援します。

thinking

By continuing to browse and accepting this banner, you consent to the storing of first and third-party cookies on your device to enhance site navigation, analyze site usage, and assist in Epiq’s marketing efforts. Read more on our cookie notice.