Featured Thinking

Eディスカバリの基礎情報をまとめた小冊子の電子版をリリース

米国の民事訴訟の手続きや規制当局の調査にて要求されるEディスカバリ(電子情報開示)は日本企業の皆様にとって日常的な対応では無い為に、社内に経験や知識を持った人が少ない(もしくは存在しない)場合が多く、また日本語資料が現時点でも少ないことから、弊社でEディスカバリの基礎情報と規範モデルの解説に加えEディスカバリの重要なポイントとなる提出要求に関連するデータの破棄の制裁情報などを含む情報を30ページ強にまとめたハンドブックを作成致しました。

このハンドブックの電子版をリリース致しましたので下記フォームにご記入いただく事でダウンロード頂けます。皆様のご参考になれば幸いです。

【Eディスカバリハンドブック概要について】
本書では、Eディスカバリの主要項目を概観しており、2章から4章では電子情報の拡大とEDRM(Eディスカバリ規範モデル)の全体フローなどを含むEディスカバリの概要を説明し、5章から11章では、特定、保全、事前協議、収集、プロセッシング、フィルタリング、レビュー、機械学習提出という、Eディスカバリのフローの具体的内容を解説します。また12章から15章では、制裁、倫理、秘匿特権、証拠能力といったEディスカバリ全体に影響するテーマの説明をしております。

第1章         概要
第2章         電子情報とEディスカバリ
第3章         Eディスカバリのプロセス
第4章         規則・判例法・ガイドライン
第5章         特定
第6章         保全
第7章         事前協議
第8章         収集
第9章         プロセシング、フィルタリング、レビュー   
第10章       機械学習/AI、テクノロジー支援レビュー(TAR)
第11章       開示
第12章       破棄と制裁
第13章       倫理
第14章       秘匿特権
第15章       証拠能力

Eディスカバリに関するご質問や詳しいご説明をご希望される方は、Info-japan@epiqglobal.com までご連絡頂けますようお願い致します。

Filed under:

related thinking

thinking

By continuing to browse and accepting this banner, you consent to the storing of first and third-party cookies on your device to enhance site navigation, analyze site usage, and assist in Epiq’s marketing efforts. Read more on our cookie notice.