訴訟準備&訴訟ホールド

エピックの経験豊富なコンサルタントは、クライアントが訴訟や訴訟ホールドに備え、電子情報(ESI)を平時から適切に保管・管理・整理できるよう支援してきた豊富な実績があります。当社は情報管理プロセスの透明性を高め、信頼性のある高度なプランニングを実現します。

訴訟準備や訴訟ホールドの計画的な実行は、eディスカバリにおけるリスクを低減します。綿密な計画は事案のコストを管理しながら、時間や費用の無駄を防ぎ、想定外の事項が発生した際の柔軟な対応を可能にします。

エピックは法務やITの関係者と連携し、訴訟ホールドを徹底するための最も効率的で費用対効果の高いアプローチを検討し、訴訟ホールドソリューションの評価・導入も支援します。すでにプロセスを整備している企業向けには、既存プロセスを最適化・高度化に向けたアドバイスを提供します。

eディスカバリプログラムの構築を検討している場合や、現在のアプローチが適切かどうかの懸念がある場合は、エピックにご相談ください。eディスカバリと訴訟準備体制の評価は、主なリスクを特定し、その対策を講じる上で非常に役立ちます。

エピックは、法務/IT/事業部門が共有する、合理的で訴訟上防御性の高いディスカバリワークフローを設計することができます。法務やIT、フォレンジックに精通した当社の専門家チームが、ディスカバリワークフローを詳述したプロセス図や概要をまとめます。

電子情報(ESI)を適切に管理し、ディスカバリの要求に対応するために重要なのは、データの所在、管理者や担当事業部門、各文書タイプの保管規定等を把握しておくことです。エピックはお客様の業務システムをマッピングし、重要情報ソースをデータマップとして取りまとめ、証拠保全の際の迅速な対応やリスク低減の推進を支援します。

Relativity訴訟ホールドでは、訴訟ホールドの設定・トラッキング・解除を自動化できます。このサービスは月単位のサブスクリプション方式となっています。監査証跡や各種レポート機能も備わっており、訴訟上防御性の高いリーガルホールドプロセスを整備することを可能にします。

thinking

By continuing to browse and accepting this banner, you consent to the storing of first and third-party cookies on your device to enhance site navigation, analyze site usage, and assist in Epiq’s marketing efforts. Read more on our cookie notice.